目覚めた筈?? サブ3は飽くまで通過点


by top-mamoru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

長野マラソン2010

17,18日
長野マラソンに参加

参加者
監督、和尚、東京部長のり姉、私の4人。

今大会参加は私が声を掛けた。
勿論サブ3挑戦の為
しかし、自分の甘さもあったが練習が思うように行かず。
正直、今回もサブ3は夢になる事は間違いない。
せめて、迫ってくるサブ3のリミットへ糧となる大会にしないと。

17日
7:30 守口駅に集合。
順調に大会会場へ。

15時前に長野駅でのり姉と合流し、ビッグハットへ向かう。
4月の暖かさも長野の高原では緩やかだ。桜も満開。

坦々とエントリーを済ませた一行は宿泊所の白樺荘へ
高原入り口で買出し。
私は今晩のアルコールを消費するため、山登りランすることを監督に伝える。

監督の指示により、明日のレースに支障なしと判断された山の中腹地点からスタート!
16:40 宿まで6km余り。しかし志賀高原の勾配は半端無い。

歩くようなペースでじわり汗を掻きつつ確実に進む。
17時半 宿に到着。
汗を流し、早速乾杯。
夕食でビールを飲むであろうと、私は焼酎を軽く。軽く。

18時半 白樺荘の豪華な夕食がズラリ。
今年は山に雪が多く、他にもお客さんが結構。(去年は我々だけでした)
美味しい食事を食べながら宴は続く。

20時前 先に部屋に戻った私… そのままZZZ…
気付くと朝の4時。おっと~~ 20時以降の記憶はない…

5時 出発前に暖かいお茶を2杯ほど飲み、昨日のおつまみを食べ便通を促す。
スッキリして45分に会場へ出発!

7時 途中で朝食を買って朝食を済ませ、駐車場からシャトルに。
7:30 会場到着。
のり姉は着替え、監督と和尚はトイレ。

スタートは8:30
私は1人Cブロック並ぶ。去年より緩めのスタート地点。数字の大きな選手も結構。
8:30 控えめの号砲が鳴る。 ロスタイムは55秒。以外に渋滞。Qちゃんウォッチの影響??

スタートして暫くかなりゆっくりペース。
1km地点はなんと 6'00 

徐々にペースは上がるが3km地点で15分経過。この2~3kmは4'30
3km過ぎに漸くバラけて走りやすく。

3時間のペースランナーは前後に2人。
後ろからのペースランナーを気にするが…
5km通過 23'48 ようやくkm4分15~25に上がってきた。

長野駅方面を目指す。
しかし、ペースランナーは来ない。最初に抜かれたのか??
10km 44'58(21'10)
この5kmはジャスト3時間ペース。
受付会場のビックハットを後に。

15km 1'06"28(21'30)
ややペースは落ちたが自然体で流す。
おっ!! 前方にペースランナー!? しかし3時間15分ランナーだった。。
やっぱ既に最初に抜かれてたみたい。渋滞で気付かずじまい。
まあいいか。

街中から堤防コースへと向かう。
エムウェーブ。

20km 1'28"06(21'38)
やや3時間オーバーペースも省エネ走法でラストに備える。
ハーフは1'33"04 ネットで1'32"09
こんなもんだろう。。

やや疲れも出始め
25km 1'51"20(23'14)
やはりペースダウン。このままソフトランディングを目指す。
ラストをイメージすることをに専念。

30km 2'15"23(24'03)
息遣いは大丈夫も足が重くなる。課題だ。鍛錬不足。予定通り。

長閑な農村地帯。堤防コース。
Qちゃんとハイタッチ!! 前後20mに私1人で独り占め??

35km 2'39"38(24'08)
このペースならキープできそう。
しかし 35km過ぎの折り返しでまさか??のアゲンスト。
さすがに前に進まない。。 なんか向かい風ばっかじゃない??
文句を言いながらあと5km。
ゴールのスタジアムも視界に。

39kmやっと向かい風が終わった!!
と思いきや、アスファルトの上は暑い!!なんでやねん!!
でもあと3km。若干の追い風?を味方にラストスパートへ!!

40km 3'04"48(25'17)
このままじゃ、グロスで15分を切れない!!

40kmの看板を過ぎ猛然とスパート!!
足を前へ、送り出すように、流すように走る、走る。

41kmでへばりそうになるも歯を食い縛り、寄れながら走る。

スタジアムが目の前に!
暫く前に抜かれたランナー達を再度抜き返し
ラスト500m 左へ折れ、競技場内へ!!

オーラスは渾身のフルスロットル!!
3'14'09 でゴーーール!!

なんと最後の2,195kmは9'21!

しばらくヘロヘロになりながらもゆっくりと手荷物テントへ。
和尚のビニール袋を係員からもらい。芝生の上に腰を下ろす。

監督からメールが。
「あと10km」、ゆっくり走ってるんだね。この時はのり姉は一緒とは思わなかった。

和尚から電話。
「ゴールしました」。合流。
惜しくもサブ4成らずで放心状態の和尚。
塩まみれの顔に霧島の水をぶっ掛ける。おつかれさん。

私は駐車場へお先にシャトルバスに乗り込む。
監督から電話。
すみません。先に車とってきます。

車で皆の待つスタジアムへ。
13時半 合流。
のり姉の偉業を知らされビックリ!!
えっ!?4時間半!?
監督と一緒にゴール??脚は??

なんとか持ちこたえたらしい。
風呂に入って乾杯しないと!!

少し迷ったが、15時前に温泉に到着。
監督と和尚は運転の為ノンアルコール。
ビールはのり姉と私だけで、4時間半の偉業に乾杯!!

今大会、記録的には粗予定通りでした。
しかし練習不足でも、途中に痙攣が一切なかったこと。
それからラスト2kmでkm4'20前後で走りきった事に自信を持って福知山に繋げます。
それと、ウェイトが2kgほどオーバーしてたことも…。

そろそろなんとかしたい!!
もう44歳(^^;
[PR]
by top-mamoru | 2010-04-21 13:49 | 激アツ!大会レポート!